GREEN COLLAR

株式会社GREENCOLLARは日本品種の高級
ぶどうを
日本とニュージーランドの
二拠点で栽培/販売する会社です。
日本の職・住・遊を見つめ続けてきた
三井不動産から生まれた新たな試みとして、
それら3つを融合した新しいライフスタイルを実践します。
コンセプトは、“より人間らしく、
自然と生きる”「GREENCOLLAR」
ブルーカラーでもホワイトカラーでもない、
新しい「生き方」を提唱してゆく意志を
こめて
グリーンカラーと名付けました。

プレスリリース

HOW WE DO

  • 大自然の中で、
    磨き上げられた栽培技術を
    もとに、
    身体と知性と感性を使い、
    上質なぶどうを育てています。

  • 北半球と南半球を行き来し、
    文化も環境も異なる生活の中で、
    ぶどうを育てる人間も豊かで
    実りある暮らし
    を追求しています。

  • 共に働く仲間と、お客様と、
    そして豊かな自然
    と交流しながら
    これからのぶどうの育て方、
    人の暮らし方を考えて行きます。

OUR PRODUCT

日本品種の高級ぶどうを、日本の磨き上げられた技術を用いて、
日本とニュージーランドで育てる。
それは、1年に「表」と「裏」の2回の旬を味わえる贅沢な裏技。
ぜひこのフルーツの旬の概念をひっくり返す特別なたのしみ方を
ぜひ味わってみてください。

表旬

日本の旬の季節に、
日本で一番日照時間が長いフルーツの聖地山梨県で
たっぷりと太陽の光を浴びて育てられた
「表旬」の高級ぶどうです。
山梨県はぶどう出荷量日本一を誇る名産地です。
主な収穫シーズン:8 月中旬から 10 月初旬

裏旬

日本の旬とは裏の季節に、
地球の反対側のフルーツの聖地ニュージーランドで育てられた
こっそり、おいしく、たのしむ「裏旬」の高級ぶどうです。
ニュージーランドは日照時間が長く、乾燥しており、
ぶどうの生産に最適な環境です。
主な収穫シーズン:2 月中旬から 4 月初旬

  • SHINE MUSCAT

    シャインマスカット

    親品種:安芸津 21 号×白南
    原産国:日本

    「ぶどうの革命児」
    芳醇な甘みと香りを兼ね備えた
    人気 NO.1 の大粒ぶどうです。

    種がなく、皮ごと食べることができます。適度に薄く、張りの良い皮の食感が、芳醇な甘さと香りに爽快なアクセントを加えます。一度食べたら忘れられない味わいで、2006年の登場以降、世代超えて愛され続け、近年のぶどうブームの立役者となった品種です。
    ※シャインマスカットは現在「表旬」のみの生産となります

  • VIOLET KING

    バイオレットキング

    親品種:シャインマスカット×ウィンク
    原産国:日本

    「赤ぶどうの王様」
    たっぷりと果汁がつまった、
    鮮やかな紅色の超大粒ぶどうです。

    種がなく、皮ごと食べることができます。噛んだ瞬間に大粒の実から濃厚な甘みと、ほどよい爽やかな酸味が口の中に広がります。シャインマスカットの「粒が大きく」、「甘い」という特徴と、ウィンクの「爽やかな酸味」
    という特徴が絶妙にブレンドされた、流通量の少ない貴重な品種です。

  • KYOHO

    巨峰

    親品種:石原早生(大玉キャンベル)×センテニアル
    原産国:日本

    「元祖大玉ぶどう」
    50 年以上前に開発され、長年愛され続けている大玉のぶどうです。

    種がなく、粒は大きく、果肉はしまっていて多汁。 豊かな香りと甘み、そしてほんのりとした酸味が広がります。 味わいを楽しむのはもちろんのこと、 日本の大玉ぶどうの原点を感じることができる品種です。

  • 樋口哲也

    生産指導責任者

    ぶどうの名産地 山梨県にて、独自のこだわり抜いた
    生産方法で最高品質の生食用ぶどうを生産し続けている、
    生食用ぶどう生産の第一人者。
    ぶどうの生産に最適な場所を求め、
    2015年からニュージーランドのネイピアにて、
    日本品種の生食用ぶどうを日本式の生産方法で育成している。

OUR TASTE

おいしさの秘密

わたしたちのぶどうの美味しさの秘密は、
従来のぶどう畑にはない
「木漏れ日」にあります。
日本で最も日照時間が長い山梨県と、
それよりさらに日照時間が長い
ニュージーランドのフルーツボウルと
呼ばれるホークスベイ地区で育てています。
冬の間からぶどうの枝の配置を計算し、
丁寧に葉を間引いくことで、
たくさんの栄養がぶどうにいきわたり、
おいしさを与えます。

株式会社GREENCOLLAR

鏑木 裕介

代表取締役

大場 修

代表取締役

GREENCOLLAR NEWZEALAND LIMITED

KIRWAN, John James Patrick

Executive Adviser

小泉 慎

代表取締役

Kirwan, John James Patrick

ラグビーニュージーランド代表(オールブラックス)として通算 96 試合に出場し、1989 年にラグビー選手としての活躍を評され大英帝国勲章を受賞した伝説の選手。

日本を含めた世界各地でプレーしプレーヤーとして活躍、1999 年に現役を引退。引退後は各国でプロフェッショナルコーチとして活躍。

2007 年から 2011 年までラグビー日本代表のヘッドーコーチを務める(ワールドカップ 2 大会の指揮を取る)。 また、メンタルヘルスの早期治療に貢献する活動を評価され、ニュージーランド女王からナイトの勲位を授与され Sir の称号を得る。 日本で開催されたラグビーワールドカップ 2019 では、三井不動産株式会社がスマートシティーを手掛ける柏市に、オールブラックスのプレキャ ンプ誘致に貢献。

CONTACT

greencollar-info@mitsuifudosan.co.jp

COMPANY

会社名 | 株式会社GREENCOLLAR
所在地 | 東京都中央区日本橋室町三丁目2番1号三井不動産株式会社内
設立日 | 令和1年12月25日
主要株主 | 三井不動産株式会社
資本金 | 2,250万円
代表取締役 | 大場修(生産、販売)
代表取締役 | 小泉慎(ニュージーランド)
代表取締役 | 鏑木裕介(経営管理)
監査役 | 須永尚